となりのトトロのフル動画を無料で視聴する方法!Pandoraやデイリーモーションより安全に見よう

となりのトトロはスタジオジブリの代表作とも言える作品。

今や老若男女問わず愛されてきた超ロングヒット作品でもあります。

ロゴにもとなりのトトロが使われたりジブリショップでも大人気ですよね。

いろいろな都市伝説があるとなりのトトロですが、今回は「となりのトトロ」を動画配信サービスで無料視聴する方法がありましたので公開します!

あらすじや感想もまとめてみました!

すぐにでも「となりのトトロ」のフル動画を見たい人は、下のボタンから視聴サイトにいけます。

今すぐ「となりのトトロ」を見るならTSUTAYA DISCAS!
  1. 30日間の無料トライアル!
  2. 1,100円分相当の動画ポイントつき!
  3. 宅配レンタルで最大8枚レンタル可能!
スポンサーリンク

となりのトトロのフル動画を無料視聴する方法

「となりのトトロ」のフル動画はどこで無料で視聴することができるのか、安全に見ることができるのかを調べてみたところ…。

TSUTAYA DISCASが一番ベストであることが分かりました!

「となりのトトロ」を視聴するにはTSUTAYA  DISCAS一択!

サービス名配信状況無料期間公式サイト

あり
30日間
×
配信なし
なし
×
配信なし
31日間
×
配信なし
14日間
×
配信なし
31日間
amazonプライムビデオ×
配信なし
30日間

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

 

Netflixでジブリ作品が見れると思っていたら、配信されているのは日本、アメリカ、カナダを除く約190カ国だけなんです。

つまり、スタジオジブリ作品が見れるのはTSUTAYA DISCASのみです。

 

『TSUTAYA DISCAS』は、無料登録することで最大8枚が無料でレンタルできる!

さらに、入会後1100ptがもらえ、ポイントを利用することで新作や話題作も無料で観れるのでとてもお得!

 

「となりのトトロ」もモチロン無料でレンタルできます!

 

そして翌日配達率が98%なのですぐに届きます。

家にいるだけで視聴したいDVD、ブルーレイが届くのですぐに楽しめます。

気になる返却方法もとっても簡単。

付近にある「郵便ポスト」にレンタルしたDVDを投函するだけでOK!

返信封筒は届いたものを再利用するだけでいいのでとっても楽です。

また無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きも簡単なので安心ですよ!

ぜひ無料登録して、「となりのトトロ」をレンタルしてみてはいかがでしょうか。
今すぐ「となりのトトロ」を見るならTSUTAYA DISCAS!
  1. 30日間の無料トライアル!
  2. 1,100円分相当の動画ポイントつき!
  3. 宅配レンタルで最大8枚レンタル可能!
スポンサーリンク

TSUTAYA  DISCASを実際に使って動画視聴している人の感想

スポンサーリンク

「となりのトトロ」の作品情報

作品概要

となりのトトロが上映されたのは1988年(昭和63年)。30年経ったいまでもテレビで放送されれば動画視聴する人も多く、小さなお子さんも楽しんで見れる作品。

公開当時は高く評価されることはなく、興行収入も風の谷のナウシカを大きく下回ったようです。

しかし、日本映画ベスト10の1位、作品賞などさまざまな賞を受賞。地上波でも10回以上は放送されているが視聴率20%を超えた回もありました。

原作:となりのトトロ
監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
総作総指揮:徳間康快
音楽:久石譲
制作会社:スタジオジブリ
主題歌:井上あずみ「となりのトトロ」

あらすじ

お母さんが入院している病院の近くに引っ越してきたお父さん、メイ、サツキ。家は大きいがボロボロで掃除することから始める。

そこに現れたのは近所に住むおばあちゃん。いろいろと世話をしてくれた。そのときにサツキの同級生であるカンタがやってくる。

サツキ、メイの家にはまっくろくろすけが住んでおり、メイは捕まえたが手が真っ黒になっただけだった。

サツキは小学校にいっている間、メイはお父さんと留守番している。

メイは庭で遊んでいるとどんぐりを見つける。落ちているどんぐりを辿っていくと大穴に落ちてしまう。そこには大きなふわふわの生き物がいた。

トトロと名前をつけた。メイはトトロの上で眠ってしまい、起きたら庭だった。

しばらく過ごしているとお母さんの病院から電話があり、容態が急変したことが知らされる。

畑のトウモロコシを食べさせると元気になると言われたメイはトウモロコシを抱えて歩いて病院に向かうことにした。

サツキ、おばあちゃんはメイがいなくなったことに気がついて、みんなで探す。

なかなか見つからない中、サツキはトトロに頼んでネコバスを出してもらった。

ネコバスの鼻を使ってメイの元へと全速力で走っていく。

無事にメイを見つけることができ、お母さんのいる病院へとたどり着けた。

「となりのトトロ」の動画視聴した人の感想

私は、となりのトトロを10回以上は見ています
となりのトトロは、幼少期の色んな見えない生き物への興味を持った純粋な気持ちを思い出させてくれる素晴らしい内容だと思います。
また、今の時代にはない近所の人たちとのコミュニケーションがどれだけ暖かいか、また親との関係も自然な暮らしの中で特別何かをするわけでもなく、単なる会話だけなのに愛情を感じるところが心が温まります。
また、長女が学校へ通っている時にメイがお姉ちゃんを待っていることが分かったときに、同じ教室で一緒に授業を受けるという田舎や昔ながらの時間の流れがとても好きです。その中に入りたくなる作品だと思います。
となりのトトロには良い思い出ばかりが詰まっています。
私たち昭和世代には懐かしい光景と心温まる交流、子どもしか見られないトトロという不思議な生き物。「となりのトトロ」には良い思い出ばかりが詰まっています。小さい頃は自分がメイやサツキになれたらと羨ましくてしかたありませんでした。今親の立場になってみると、自分たちの子供がこのような自然に全く触れることができないこの環境に残念な思いと、この映画を見ることでその一端に少し触れることができる素晴らしさに気づきました。例え将来日本からトトロのような田舎の風景が消えても、この映画の中の古き良き日本の想いは受け継いでいってほしいです。
作品中のさつきに感情移入しまくりです。
私には6つ歳の離れた妹がいます。ちょうど、さつきとメイくらいの年齢差です。ですから作品中のさつきに感情移入しまくりです。そしてメイには少々腹が立ちます笑。普段はお姉さんだからと気丈に振る舞っているさつきですが、お母さんの外泊が延期になったことを受けて、カンタのおばあちゃんの前で泣き崩れるシーン、特に胸が痛くなります。それなのにメイはっ!と思ってしまいます。そしてこの作品を語る上で外せないのが謎の生き物たち。トトロはもちろん、猫バスも大好きです。小さい頃猫バスに乗りたいと何度思ったことか。夕方に疾風が吹くと、あ、猫バスが通ったのかな、なんていまだに思います。子どもにしか見えない不思議な生き物、本当にどこかにいるかもしれない、と純真な気持ちを思い出させてくれる作品です。
セリフを覚えてるくらい何度も何度も見ました。
昔はすごく好きでした。トトロに会いたい、ネコバスに乗りたい、セリフを覚えてるくらい何度も何度も見ました。
でもあるときから、トトロではなくサツキとメイの関係性に注目するようになってしまい、あまり見たくなくなりました。
サツキちゃんは典型的なとっても良いこなお姉ちゃんです。サツキちゃんがメイちゃんのことをどう思っているのかわからないし、わがまま放題でもきっとかわいい妹なんだと思います。
わたしにも姉がいてとても仲良しですが、トトロを見ていると、わたしも小さい頃はあんなにわがまま放題でお姉ちゃんはずっと我慢してたのかな…という気になってしまうのです。
そんなところ気にしなくていいのだろうけれど、どうしても気になってしまいます。
今の暮らしとは違うアイテムが出てくるのが逆に新鮮でした。
作品の舞台となるのどかな田舎の風景が見ていて和みます。さつきとメイの家のお風呂や家具など、今の暮らしとは違うアイテムが出てくるのが逆に新鮮でした。さつきとメイがバス停でトトロからもらった葉っぱの包みがかわいくて、自分も欲しいと思ってしまいます。中身は木の実なのですが、今の時代でも変わらず子供ってどんぐりとか木の実が好きなので、私も子供の頃を思い出すし、自分の娘が包みを開くシーンに目を輝かせて見ていたのも印象的です。ねこバスのしなやかな動きやドアの開く時の柔らかそうな感じとか、宮崎監督のこういった人の気持ちを動かす表現に感動します。
子供だけの特別な世界という印象です。
歌の通り、子供だけの特別な世界という印象です。トトロをはじめ、登場する不思議な生き物たちは皆、サツキとメイに優しく、子供にとって心が張り裂けそうな母親の入院という一大事を乗り切るために現れたのだろうと感じました。引越、何かいてもおかしくないような古い家、田舎の自然あふれる風景という不思議な生き物と出会ってもなんとなく納得してしまうような背景描写も流石だなと思います。トトロもネコバスもちょっと怖そうで、でも優しいという子供心をくすぐるキャラクターは何年たっても人々に愛され、何度見てもまた見たくなってしまう作品だと思います。
子供の頃から何度も金曜ロードショーで見ている作品です。
子供の頃から何度も金曜ロードショーで見ている作品です。トトロというなんともかわいらしい生き物との遭遇、そしてさつきとメイの冒険はワクワクします。歌にもあるとおり、不思議な冒険をする2人は大人になったいまでも、どこかにトトロがいるのではないかと思わせるそんなストーリーになっています。物語の舞台は田舎の広々とした家ですが、いつかそんなところに引っ越してトトロ探しに行ってみたいと思う作品になっています。ただ、最後までさつきとメイがお母さんに会えずじまいで終わってしまうのは悲しいと思います。一番の願いは叶わないということなのかもしれないです。
今すぐ「となりのトトロ」を見るならTSUTAYA DISCAS!
  1. 30日間の無料トライアル!
  2. 1,100円分相当の動画ポイントつき!
  3. 宅配レンタルで最大8枚レンタル可能!

「となりのトトロ」の声優・キャスト紹介

サツキ/声優:日高のり子

小学6年生の12歳。しっかり者で妹思い。

トトロとは雨の中、お父さんのバスを待っているときに出会う。そこまで驚くことはなかった。

メイ/声優:坂本千夏

お母さんのことが大好きな4歳。トトロとは家の庭でどんぐりを拾ってる際に穴に落ちてしまい、そこで出会う。

病気を早く治すためにトウモロコシを抱えて一人で病院に向かう。

迷子になってしまうがサツキとネコバスに発見される。

おばあちゃん/声優:北林谷栄

カンタのおばあちゃん。サツキ、メイたちの家の近くに住んでいて世話をしてくれる。

メイが迷子になったときも一緒に探してくれる。「おーい。カンター」が有名なセリフ。

カンタ/声優:雨笠利幸

サツキと同じく12歳でクラスメイト。

最初はサツキと敵対しているような様子だが、傘を貸してくれたりメイを自転車で一生懸命探してくれたりといいやつ。

スタジオ・ジブリ関連作品

スポンサーリンク