元・不良の花垣武道がタイムリープ能力に目覚め、中学時代の恋人の運命を変えるために奮闘する熱くて切ないタイムリープサスペンス。

今回は東京リベンジャーズを無料視聴する方法を紹介します。さらにネタバレやあらすじも公開しています。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの動画を無料で見放題にする

https://twitter.com/anime_toman/status/1380814901547962370?s=20

「東京リベンジャーズ」を1話から見直したい、見逃した回を見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を利用することで、今すぐ「東京リベンジャーズ」を無料視聴することができます。

高画質でストレスなく見るには公式の動画配信サービスが絶対にオススメです♪

サービス名配信状況公式サイト

見放題
×
見放題

見放題

「東京リベンジャーズ」はU-NEXTとdアニメストアとHuluで配信されているみたいです。

その中でもU-NEXTでは登録後31日間無料体験をしているので、期間内に解約手続きをすれば完全無料でやめることができます。

さらに「東京リベンジャーズ」以外のアニメ作品の取り扱いも多く、マンガを読めたり映画も見れますのでオススメです。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことで東京リベンジャーズを視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/

本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

タイトルの各話のあらすじ(ネタバレあり)

2017年、26歳となった花垣武道はフリーター生活を送っていたある日、中学時代の恋人・橘日向とその弟・直人が死亡したというニュースを目にする。
さらに翌日自身も殺されかけるが、そのことがきっかけでタイムリープ能力に目覚め、12年前の2005年へ飛ばされる。
そこで偶然遭遇した直人に12年後の運命を伝えた結果、直人は死を回避することに成功し、改変された2017年に帰還した。
しかし日向を救うことは叶わず、この未来を変えるため覚悟を決めた武道は奮闘し、成長していく。

第1話「Reborn」

仕事もできず、ボロアパートに住み、何もかもが上手くいかないダメ人間の花垣武道(タケミチ)は、ある日ニュースで中学時代に人生で唯一付き合っていた橘日向が事故で死んでしまったことを知る。そんなタケミチはある日、駅のホームで誰かに突き飛ばされてしまった。死を覚悟したタケミチだったが目を覚ますと12年前にタイムリープしていた。

感想と考察
タイムリープして日向の弟を救うことに成功したタケミチですが、今後どのようにしてヒナタを救うのか楽しみです。

第2話「Resist」

再び現代へと戻ってきたタケミチは、そこで死んだはずだったヒナタの弟である橘直人と再会する。ナオトと共に日向を救うための糸口をつかもうとするタケミチは、東京卍會を犯罪組織に変貌させた佐野万次郎と稀咲鉄太の出会いを阻止しようと決意した。そこでタケミチは再び12年前へとタイムリープする。

感想と考察
周りの人間に支えられながらも、かけがえのない友人やヒナタを助けようと必死にもがくタケミチの姿がとてもカッコよかったです。

第3話「Resolve」

身体の弱い仲間である山本タクヤを守るために、キヨマサにタイマンを申し込むタケミチ。キヨマサからの攻撃を受け続けてもなお立ち上がり続けるタケミチ元に現れたのは、東京卍會総長の佐野万次郎と、副総長の龍宮寺堅だった。攻撃を受けながらも何度でも立ち上がるタケミチは東京卍會総長に気に入られ、友人となる。。

感想と考察
ついにタケミチが東京卍會の総長と副総長と繋がることになりました。今後タケミチが東京卍會とどう関わっていくのかが楽しみです。

第4話「Return」

12年前から再び現代へと戻ってきたタケミチ。タケミチは12年前でマイキーと仲良くなったことで、東京卍會が変わったのはマイキーに何かがあったのではないかと思いを巡らせる。マイキーを変えた手がかりを掴もうとする中、中学時代の友人であるアッくんが東京卍會の幹部になっていることが判明した。

感想と考察
少しずつ過去を変えた影響が出てきて展開が変わるのが楽しみです。タケミチがヒナタをどうやって救っていくのか気になります。

第5話「Releap」

中学時代の友人であるアッくんからマイキーが変わってしまったきっかけを耳にしたタケミチ。12年前にマイキー派とドラケン派に分かれての東京卍會の内部抗争がきっかけでドラケンが死亡したことを知るタケミチたち。抗争を探るべく12年前へと再び戻ったタケミチは東京卍會とメビウスの抗争がドラケンの命日に起こることを知る。

感想と考察
東京卍會とメビウスの抗争がマイキーとドラケンとの関係にどのような影響を与えるのかが楽しみです。

第6話「Regret」

東京卍會の参番隊隊長であるパーちんの親友が襲われたことが火種となり東京卍會とメビウスの抗争がいよいよ始まろうとしていた。そんな中タケミチは12年後へと戻り、メビウスの総長である長内信高から話を聞くことにした。しかし怯えるばかりで一向に口を割らない長内はやっとの思いである人物が原因で東京卍會が分裂したとだけ告げる。

感想と考察
東京卍會と愛美愛主の抗争がいよいよ始まってしまいました、ドラケンが今後何が原因で死んでしまうのか明らかにして欲しいと思います。

第7話「Revive」

ドラケンを救うために東京卍會と愛美愛主の抗争を必死に止めようとするタケミチ。しかしマイキーは東京卍會と愛美愛主の抗争は避けられないと意思を崩さない。そんな中、愛美愛主はタケミチたちの元へ奇襲を仕掛けてきた。パーちんは長内にタイマンを申し込むも一方的に攻撃を受け続けてしまう。そんな中マイキーが立ち上がる。

感想と考察
マイキーとドラケンが争うきっかけがついに判明しました、タケミチがドラケンを救うことができるのか楽しみです。

第8話「Rechange」

タケミチへの見舞いで鉢合わせたマイキーとドラケンは喧嘩をはじめてしまう。タケミチが東京卍會への思いを2人に吐露することで喧嘩をしていたマイキーとドラケンの仲裁に成功した。これで二人の仲は元通りとなることに成功したが、タケミチはドラケンが死ぬはずの過去を変えることができるのか。

感想と考察
マイキーとドラケンの仲裁に成功したタケミチですが、これからもう一波乱起きそうな展開になってきました。タケミチがドラケンを救うことができるのか気になります。

第9話「Revolt」

ドラケンが殺されようとしているのは駐車場であることをナオトが突き止めていた。タケミチが事件が起ころうとしている現場へと急行すると、そこにはたった一人で愛美愛主と戦うドラケンの姿があった。タケミチと三ツ谷はドラケンに加勢しようとするも、相手の数の多さに歯が立たない。そんな中、マイキーが駆け付ける。

感想と考察
東京卍會を分裂へと導いた正体が明らかになりました。ドラケンのピンチに駆けつけてくるマイキーがかっこよかったです。

第10話「Rerise」

東京卍會と愛美愛主の抗争の最中、ドラケンがキヨマサに刺されてしまった。マイキーはドラケンの元へと向かおうとするも仮総長の半間修二に阻まれ中々先に進むことができない。かろうじて息のあるドラケンを救うべく病院へと連れて行こうとするタケミチたち。しかし、救急車を待つタケミチたちの元にキヨマサとその仲間たちがやってきてしまう。

感想と考察
東京卍會と愛美愛主の抗争の終盤に差し迫ってきました。ドラケンを守ろうと必死にキヨマサに立ち向かっていく姿がかっこよかったです。

第11話「Respect」

タケミチたちは執念で身体を張ってキヨマサを守り切ることに成功した。タケミチたちが粘った甲斐もあり救急車が到着するもドラケンは心肺停止の重体になってしまう。東京卍會と愛美愛主の乱闘も収まりつつある中、マイキーとタイマンで戦っていた半間はまもなくに迫った暴走族連合「芭流覇羅」の誕生を示唆し去って行った。

感想と考察
タケミチはなんとか過去を変えドラケンを守り切ることに成功しました。ヒナタを救うためにタケミチがどのように過去を変えていくかが楽しみです。

第12話「Revenge」

ドラケンの命を救うことに成功したタケミチは再度現代に戻ってきた。現代に戻ると東京卍會によりヒナタが死んでしまった事件は起きておらず、アッくんは美容師になるという夢を叶えていた。現代でヒナタと再会することになったタケミチは、直前になって自分自身が何も変わっていないことを恥じて会うことを拒もうとしてしまう。

感想と考察
ヒナタを何とか事件から遠ざけることに成功しました。タケミチが今後自分自身とどのように変えていくのかが楽しみです。

第13話「Odds and Ends」

過去を変えヒナタを救うことに成功したかのように見えた矢先、目の前でヒナタを失ってしまったタケミチ。そんなタケミチはヒナタを救うべく諦めかけたナオトに自分自身の決意を伝える。ドラケンが生きていたにも関わらずヒナタを救うことができなかった理由を探るべく、タケミチたちは東京卍會の調査を進める。

感想と考察
ヒナタを救うために必死にもがこうとするタケミチがかっこよかったです。過去の東京卍會に何が起きたのかが楽しみです。

第14話「Open Fire」

元・愛美愛主の稀咲が東京卍會の新たな参番隊隊長として任命された。東京卍會が崩壊するきっかけとなった稀咲が隊長として任命されたことに動揺するタケミチ。隊員からの激しい批判を背にするも、新興勢力の芭流覇羅と戦うためにも稀咲に力が必要だと語り不満を封じ込めるマイキー。タケミチはつい感情的になり稀咲に手を出してしまう。

感想と考察
稀咲が東京卍會に関わる経緯がついに明らかになりました。稀咲が今後どのように東京卍會を変えていくのかが気になります。

第15話「No pain, no gain」

ついつい感情的になり稀咲を殴り飛ばしてしまったタケミチ。そんなタケミチは稀咲を東京卍會から追い出すことと交換条件に、東京卍會を抜けて芭流覇羅へと加わった元・壱番隊隊長の場地圭介を連れ戻すよう要求される。場地の居場所を掴むために山岸から芭流覇羅についての情報を教えてもらうタケミチ達の前に芭流覇羅のNO.3、羽宮一虎が姿を現した。

感想と考察
失敗したら殺すとマイキーに言われたタケミチが、必死になってヒナを救うために芭流覇羅へと立ち向かっていく姿がかっこよかったです。

第16話「Once upon a time」

場地圭介を取り戻すために芭流覇羅へと乗り込むことになったタケミチ。タケミチは場地を東京卍會へと連れ戻すために、なぜ芭流覇羅へ抜けようとするのか問い詰める。そこでタケミチは、東京卍會の創設メンバーである場地圭介が東京卍會を裏切るきっかけを知ることになる。タケミチは場地から、2年前に起こしてしまった悲劇の事件について聞かされた。

感想と考察
マイキーと場地の関係の一部がついに明らかになりました。その後、場地たちがどのようになったのか次回以降が楽しみです。

第17話「No way」

タケミチは2年前に場地と一虎が起こしてしまった事件について知り、場地を東京卍會へ連れ戻すことがいかに難しいかを悟り、途方に暮れていた。そんな中、タケミチの前に壱番隊副隊長を務めている松野千冬が姿を現した。場地と長く一緒にいた千冬は場地が芭流覇羅に入ったのは東京卍會にためだと信じていた。

感想と考察
場地に殴られながらも、場地のことを信じ続けている千冬がかっこよかったです。タケミチが場地を連れ戻すことができるか楽しみです。

第18話「Open Fire」

感想と考察

第19話「Turn around」

感想と考察

第20話「Dead or Alive」

感想と考察

第21話「One and only」

感想と考察
U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことで東京リベンジャーズを視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/
スポンサーリンク

東京リベンジャーズの声優情報

花垣武道/CV.新 祐樹

本作の主人公で、1991年6月25日生まれのA型。2017年ではダメフリーター。
中学時代が人生の絶頂期で、当時の恋人である橘日向が殺され、自身も殺されかけたことでタイムリープ能力に目覚める。
喧嘩の実力は最弱だったが、タイムリープを繰り返すことで実力も精神も成長していく。

橘 日向/CV.和氣あず未

本作のヒロインで、1991年5月21日生まれのA型。武道が中学時代に交際していた女の子。
正義感が強く、優しく明るい性格をしている。
2017年では弟の直人と共に死亡する。

佐野万次郎/CV.林 勇

東京卍會(とうきょうまんじかい)、通称トーマンと呼ばれる暴走族の総長。
1990年8月20日生のB型で、通称はマイキー。
「無敵のマイキー」と称されるほどの喧嘩の強さを持ち、カリスマ性も兼ね備えている。

龍宮寺堅/CV.鈴木達央

https://twitter.com/anime_toman/status/1388795404666298371?s=20

トーマンの副総長。
1990年5月10日生のO型で、通称はドラケン。
金の辮髪とこめかみの龍の刺青が特徴で、万次郎の相棒。
住む家がないため、住居として渋谷の風俗店の一室を使っている。

橘 直人/CV.逢坂良太

https://twitter.com/anime_toman/status/1381548139698479114?s=20

日向の弟で、タイムリープする前の現代では日向と共に死亡する。
しかしタイムリープした武道に偶然にも助けられ、一命をとりとめることになる。
現代では警察官になっており、姉・日向を救うために武道に協力する。

東京リベンジャーズの作品情報

作品概要

原作は和久井健による漫画で、2017年から週刊少年マガジン(講談社)で連載中。
2021年6月時点で単行本の累計発行部数は2000万部を突破しており、第44回講談社漫画賞少年部門を受賞している。
2021年4月からテレビアニメがスタートし、実写映画化と舞台化も予定されている。

予告動画

スポンサーリンク