過去にタイムリープし未来を変えるため奮闘する少年,花垣武道(はながき たけみち)の物語を描く『東京リベンジャーズ』。

原作は週刊少年マガジン誌上で連載されている人気作であり,TVアニメは2021410日から第1期が放送されている。

作中には魅力的なキャラが数多く登場し,物語が進むにつれて勢力も変動していく。

アニメを見ている人にはキャラの多さについていけない人もいるのではないだろうか。

そこで今回は物語を深く理解するために,『東京リベンジャーズ』に出てくる各キャラが属する勢力をまとめてみた。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズの勢力

花垣武道(はながきたけみち)

本作の主人公である花垣武道はヒロインである橘日向を救うため,タイムリープを使い過去と現代を行き来する。

花垣武道のタイムリープ能力を知る者として橘日向の弟である橘直人が登場する。

直人は現代では警察官として武道を助けるとともに,武道と握手をすることによって過去にとばすという重要な役割を担っている。

なぜ過去にとばせるかはアニメでは語られておらず,謎多き人物である。

東京卍會(とうきょうまんじかい)

東京卍會,略してトウマンは本作品のメイン勢力である。今回は,4世代に分けて勢力がそのように変動していったのかをまとめた。

初期

物語初期の勢力である。総長の佐野万次郎(通称マイキー),副総長の龍宮寺堅(通称ドラケン)を中心に成り立っている。

このころはまだ主人公花垣武道は東京卍會には属していない。

総長:佐野万次郎(さのまんじろう)

副総長:龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)

壱番隊:隊長 場地圭介(ばじけいすけ)

弐番隊:隊長 三ツ谷隆(みつやたかし)

参番隊:隊長 林田春樹(はやしだはるき)

副隊長:林良平(はやしりょうへい)

肆番隊:隊長 河田ナホヤ(かわたナホヤ)

伍番隊:隊長 武藤泰宏(むとうやすひろ)

8・3抗争後

マイキー派とドラケン派の抗争である8・3抗争が終わった後の勢力である。

林田春樹(通称パーちん)に代わり,新たに稀咲鉄太が参番隊隊長となり,壱番隊副隊長の松野千冬も登場する。

また,このタイミングで花垣武道が東京卍會弐番隊へと所属する。

稀咲鉄太が東京卍會を崩壊させるとの情報をつかんだ武道は彼を追放するように要求するも失敗する。

 

総長:佐野万次郎

副総長:龍宮寺堅

壱番隊:隊長 場地圭介

副  松野千冬(まつのちふゆ)≪New

弐番隊:隊長 三ツ谷隆

参番隊:隊長 稀咲鉄太(きさきてった)≪New

副  林良平

肆番隊:隊長 河田ナホヤ

伍番隊:隊長 武藤泰宏

創設メンバー

東京卍會が創設される時のメンバーである。

マイキーの誕生日にマイキーの兄を殺害する事件を起こしてしまう羽宮一虎は,後に芭流覇羅へと所属する。

佐野万次郎

龍宮寺堅

場地圭介

三ツ谷隆

林田春樹

羽宮一虎 (はねみや かずとら)≪New

血のハロウィン後

前壱番隊隊長の場地圭介に代わり,主人公花垣武道が壱番隊隊長の座に就く。

また弐番隊副隊長の紫八戒が登場する。さらに溝中メンバーの四人も壱番隊に所属することとなる。

 

総長:佐野万次郎

副総長:龍宮寺堅

壱番隊:隊長 花垣武道 ≪New

副  松野千冬

弐番隊:隊長 三ツ谷隆

副  紫八戒(しばはっかい)≪New

参番隊:隊長 稀咲鉄太

副  林良平

肆番隊:隊長 河田ナホヤ

伍番隊:隊長 武藤泰宏

愛美愛主(メビウス)

初期に登場する敵勢力。東京卍會との抗争に敗れ合併される。

八代目総長:長内信高(おさないのぶたか)

総長代理:半間修二(はんましゅうじ)

稀咲鉄太

林良平≪前東京卍會参番隊副隊長≫

清水将貴(きよみずまさたか)≪前東京卍會参番隊≫

芭流覇羅(バルハラ)

血のハロウィンで東京卍會と戦う敵勢力。

隊長は不在であり,副隊長の半間を中心として活動している。

場地圭介は東京卍會に所属した稀咲鉄太の危険を察知し,芭流覇羅に入ることで排除をしようとするも,抗争のさなか死亡してしまう。

東京卍會との抗争に敗れ合併される。

副総長:半間修二

幹部:チョメ

幹部:チョンボ

幹部:丁次(ちょうじ)

羽宮一虎≪前東京卍會創設メンバー≫

場地圭介≪前東京卍會壱番隊隊長≫

スポンサーリンク