なぜ心操人使はヒーロー科に入れなかったのか。編入試験の結果は?【ヒロアカ】

ヒロアカ(アニメ)5期で大活躍中の心操人使(しんそう ひとし)
人を操る「洗脳」という強い個性を持っていますが、なぜかヒーロー科には入れていません。

心操がヒーロー科に入れていない背景と、心操自身のことについて改めてまとめていきます。

スポンサーリンク

心操人使(しんそう ひとし)とは

心操人使は雄英高校1年C組の生徒です。
個性は人を操る「洗脳」自分の問いかけに答えた相手を操っていくことができます。
本人もどちらかといえば「ヴィラン向きの個性」というほど、特殊で強力な個性です。

しかし、いつも口元に装着しているマイクを通せば相手を洗脳せずに普通の会話が可能。
本人が「操る」という意思を持って問いかけをすることで洗脳を仕掛けることができるなど、むやみやたらに人を洗脳しないで良いコツは存在するようです。

名前心操人使(しんそう ひとし)
誕生日7月1日
身長177cm
血液型AB型
好きなものサイクリング、猫

ちなみに心操がいる1年C組は普通科ですが、元々心操はヒーロー科(A組またはB組)に入学希望でした。
ではなぜ心操は強い個性を持っているにもかかわらずヒーロー科に入学できなかったのでしょうか?

それには雄英高校の入試方法に関係がありました。

スポンサーリンク

心操人使がヒーロー科に入れなかった理由

心操人使は元々ヒーロー科志望でしたが、そのヒーロー科の入学試験との相性は最悪でした。

ヒーロー科の入学試験といえば、機械でできた仮想ヴィランを相手に戦ってポイントを稼ぎ競うという内容でした。
周りが次々とポイントを稼ぐ中、心操は思うように活動できませんでした。

なぜかというと、心操の個性はあくまで「人を操る個性」
機械相手には個性が通じず、ポイントを稼ぐことができなかったのです。

そのため、ヒーロー科への入学は叶わず、併願していた普通科に入学。
しかしヒーローになることを諦めたわけではなく、そこからヒーロー科への編入を目指すことにしたのです。

スポンサーリンク

ヒーロー科編入試験と結果

ヒロアカ(アニメ)5期では、ヒーロー科「A・B組合同戦闘訓練」が行われています。
その合同訓練にヒーロー科編入希望の心操が参加。

心操のヒーロー科編入試験も兼ねた授業が始まりました。

心操は合同訓練でそれぞれのチームの勝利に貢献し、デクの「個性の暴走」を阻止するなどかなりの活躍を見せてくれました。

その結果、2年生からヒーロー科への編入が決定しました!
ずっと夢見ていたヒーローへの一歩を踏み出すことができたのです。

まとめ

心操人使が希望だったヒーロー科に入学できなかった理由は、「入試との相性が悪くてヒーロー科に入学できなかった」というなんとも不憫な背景がありました。
しかし、雄英高校に編入制度があって、それに無事合格した心操は素晴らしいですね。

ヴィラン向きの個性と行っていますが、それをヒーローとして使っていくという心操の想いは素晴らしいです。

2年生になり、ヒーロー科に入学した心操の活躍が楽しみです!

関連記事

スポンサーリンク