異世界へ召喚されたOL・小鳥遊聖(セイ)が、自身の知識やスキルを駆使しながら暮らしていく異世界スローライフファンタジー。

今回は聖女の魔力は万能ですを無料視聴する方法を紹介します。さらにネタバレやあらすじも公開しています。

スポンサーリンク

聖女の魔力は万能ですの動画を無料で見放題にする

「聖女の魔力は万能です」を1話から見直したい、見逃した回を見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を利用することで、今すぐ「聖女の魔力は万能です」を無料視聴することができます。

高画質でストレスなく見るには公式の動画配信サービスが絶対にオススメです♪

サービス名配信状況公式サイト

見放題

見放題

見放題

「聖女の魔力は万能です」はU-NEXTとdアニメストアとHuluなどで配信中!

その中でもU-NEXTでは登録後31日間無料体験をしているので、期間内に解約手続きをすれば完全無料でやめることができます。

さらに「聖女の魔力は万能です」以外のアニメ作品の取り扱いも多く、マンガを読めたり映画も見れますのでオススメです。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことで聖女の魔力は万能ですを視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

聖女の魔力は万能ですの各話のあらすじ(ネタバレあり)

異世界・スランタニア王国で、数世代に一度の国の危機を救うべく、伝説の儀式「聖女召喚の儀」が行われる。

その結果、OL・小鳥遊聖(セイ)と女子高生・御園愛良(アイラ)の2人が聖女として召喚された。

しかし王国の第一王子カイル・スランタニアはアイラだけを聖女として扱い、待遇の差にセイは怒る。

国からの脱出まで考えるが行く当てもないため、薬用植物研究所にて研究員として働き始めます。

第1話「召喚」

主人公は20代会社員の聖です。仕事に明け暮れる中で突如異世界に召喚されてしまうことになります。場所はなんと王宮で、自分の他にも召喚された少女が居たり、イケメン王子に絡まれたりと、セイはとても波乱の生活を送ることになりました。そんな中薬用植物研究所にセイは配属されポーションつくりをすることになります。

感想と考察

アニメにもなろうの新ジャンルが上陸したと思いました。本作は異世界無双と恋愛という2つのジャンルを兼ね備えています。異世界無双と言う点においても珍しくて、主人公セイはなんとその魔力で強力なポーションを作ってしまうのでした。団長を救っちゃって一話から恋の予感がします。

第2話「親交」

セイの作るポーションは規格外の効果を発揮することになりました。そして周囲の皆からはセイは効力者として称賛されることになります。そんな中研究所の所長に料理を気に入られているセイの元に先日救った団長が尋ねてきました。団長アルベルトはイケメンでセイの表情は赤くなっていきます。

感想と考察

セイにもエリザベスという同年代の友達が出来たようで良かったです。アルベルトですが流石団長にして王子様という事もありとてもイケメンでした。しかもセイはアルベルトを救った恩人なので、かなり好かれている様子です。イケメンアルベルトを前にセイもたじたじで二人の恋愛展開に期待が掛かりましたね。

第3話「王都」

セイはなんとアルベルトと一緒に街へ買い物をしに行きます。お互い好印象なだけに楽しいひと時が流れることになりました。買い物が終わる頃にアルベルトはセイに髪止めを渡すことにしました。その髪留めには魔力付与が施されていて、セイは魔導士団で鑑定をしてもらおうとします。

感想と考察

セイとアルベルトのまさかのデート展開です。美男美女で見ていて凄く眩しかったですね。アルベルトの魔力付与の髪止めをきっかけにセイの魔力付与の才能が明らかになっていました。魔道師団の皆も凄く驚いていたのですが、この実力がどんどん認められていく感じがたまらなく爽快でしたね。

第4話「奇跡」

なんと魔道師団のエアハルトが気付いたのはセイの恐るべき優れた魔力でした。人並外れた力を持っているセイは直ぐに聖女であると国王自身が認めることになります。セイの一般人としての生活願望はどんどん遠のいていくのでした。そしてなんと国王がセイの目の前に出現する事態に?

感想と考察

いよいよセイの力の凄さが周囲に知られていきましたね。なんだかすごく才能が有るものの、知名度がなくてコアな人しか知らないものが、一気に大人気になっていくというような、流れを見ている感覚でした。更にセイは凄い魔力で怪我人を治療したのですが、これは流石に聖女確定だと思いましたね。

第5話「鑑定」

宮廷魔道師団団長ユーリが目覚めたことにより、遂にセイの鑑定が始まります。なんとそこで判明したのが、王国最高クラスのユーリをもってしてでもセイの魔力量に劣り、鑑定が発動しなかったのです。この事がきっかけとなりセイは国王に呼び出しを受けるのでした。

感想と考察

セイですが元々異世界に来たらゆったりとした研究所での生活を望んでいたはずです。しかし聖女の力が公になっていくうちに徐々にそうわ言ってられない状況になってきました。筆頭魔導士のユーリをも凌ぐ魔力、ことは王国全体に及ぶ問題にセイが巻き込まれそうな気がします。

第6話「淑女」

なんと宮廷魔道師団の団長ユーリが直々にセイの教育係として魔法講師をやってくれることになりました。ユーリの魔法教育はかなりスパルタでセイもかなり気合をいれます。そんな中抗議の一環としてセイがダンスレッスンを行うことになります。

感想と考察

宮廷魔道師団団長ユーリなのですが、スランタニア王国においてトップクラスの魔法の実力をもちます。しかしながらセイという自分を超える存在が現れたこともあり、凄くノリノリでセイに対してアプローチを仕掛けていたのが面白かったです。またダンスレッスンに参戦したアルベルトがイケメン過ぎました。

第7話「章間」

もう一人の召喚者アイラのお話。アイラは召喚されてからカイル王子に保護されることになります。突然の異世界での生活にアイラの心はボロボロで悲しい気持ちを見せることに。カイルもいろいろと試行錯誤してアイラの状況好転を狙いますが、事態は複雑な方向に向かっていきました。

感想と考察

アイラはセイとは違って万能魔力を持っていないので、カイルにすっかり聖女と思われているのが辛いと思いましたね。またカイルも自分の勘違いを突き通してアイラに無意識に負担をかけているあたり、不器用な性格なんだなと思いました。周囲からの軋轢から2人に試練が振りかかりそうですが、何とかうまくやって欲しいところです。

第8話「覚醒」

聖女の術、それはセイが書物でポーションつくりに励んでいたころに見つけた聖女の魔法でした。この術についてユーリも大変興味を示したため、二人の聖女の術模索が始まります。そしてセイはある日金色の魔力を発現することに。

感想と考察

聖女の術強すぎでした。アルベルト、ユーリを有した最強部隊をもってしても苦戦していた沼の大量の魔物たちを一瞬で消し去ります。正に聖女様強すぎると一番思った回でした。いよいよセイはこれで正解の救世主レベルの期待をされることになりそうですが、どうなっちゃうのか気になりますね。

第9話「聖女」

沼の出現で気づけば大量の狂暴な魔物に囲まれたセイ達討伐班、危機を救ったのは覚醒したセイの魔法でした。王国に帰るとこのことは周囲の人々に知られることになってセイはいよいよ本格的な注目を浴びることに。そんな中カイル王子とエリザベスが揉める場面にセイが出くわします。

感想と考察

カイルはやっぱり破天荒な王子様、少し考えたらずなところもあります。周囲の人からも反感を買いやすいようですが、アイラという理解者も出来て良かったです。そしてアイラとセイが一緒に話すことが叶いました。同じ召喚者同士、仲が凄くいい様子でほっとしました。

第10話「日記」

セイは新たにクラウスナー領を訪れることになります。薬草の主産地でありポーションを扱うセイにとってはとても興味深い場所でした。そしてコリンナやダニエルに会って、この地の薬師様が聖女であったという話を伺うことになるのでした。

感想と考察

新天地クラウスナーでアルベルトとセイの関係発展がみられて面白かったです。アルベルトの事を考えると、反射して漏れ出す聖女の魔力、まるでセイの感情に呼応しているように思えました。薬師様の聖女の話も興味深いですし、聖女の謎が気になりますね。

第11話「窮地」

セイは謎に包まれていた聖女の術の発動条件に薄々気づき始めるのですが、その条件が思いもよらぬことで、動揺してしまいます。そんな中討伐が始まると、クラウスナーの森へ突入することになります。そこでは珍しい魔物が潜んでいました。

感想と考察

ユーリはセイの聖女の魔法に興味津々だったのですが、クラウスナー遠征に同行できず怒っていたのが面白かったですね。これで終わりかと思ったのですが、最後の最後でセイの前に登場したユーリ、ピンチを救ってくれたのは嬉しかったのですが、凄い執念を感じました。

第12話「帰還」

森に潜んでいたスライムはかなりの強さでピンチになったセイ達、彼女らを救ったのがユーリとアイラ率いる増援部隊でした。屋敷に戻るとセイの聖女の術発動の訓練が本格的に始まりました。そして時がたつと万全の状態でクラウスナーの森へ一行がリベンジしに行くのでした。

感想と考察
アイラもすっかり魔道師団に馴染んでいて良かったですね。またホーク師団長ですが凄まじい強さで自制を強いられているのが面白かったです。セイの聖女の輝きは凄まじく、最終回に相応しいきらめきを感じましたね。凄く面白かったです。

 

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことで聖女の魔力は万能ですを視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/
スポンサーリンク

聖女の魔力は万能ですの声優情報

セイ(小鳥遊 聖)/CV.石川由依

本作の主人公で、元々は日本に住んでいた20代のOL。
ある日突然異世界へ「聖女」召喚され、薬用植物研究所に所属することになる。
ポーションを作成する能力が開花し、特に回復に特化している。

アルベルト・ホーク/CV.櫻井孝宏

スランタニア王国の王宮第三騎士団・団長の青年。
金髪でブルーグレーの瞳をしており、氷属性魔法の使い手。
重症を負ったところをセイに助けられた。以来セイに好意を抱いている。

ヨハン・ヴァルデッグ/CV.江口拓也

スランタニア王国の薬用植物研究所・所長。
セイの数少ない理解者で、異世界での父親のような人物。
アルベルトとは幼なじみ。

ユーリ・ドレヴェス/CV.小林裕介

スランタニア王国の宮廷魔道師団・副団長。
魔法の実力は王国随一で、聖女召喚の儀でセイを召喚した人物。
自分を凌ぐ魔力のセイには興味津々。

ジュード/CV.八代 拓

スランタニア王国の薬用植物研究所・研究員。
面倒見のいい性格でセイの教育係を担当し、打ち解けるのも早かった。

聖女の魔力は万能ですの作品情報

作品概要

2016年4月から小説投稿サイト「小説家になろう」に連載されていたweb小説で、2017年2月からカドカワBOOKS(KADOKAWA)で単行本化されている。
原作者は橘由華、イラスト担当は珠梨やすゆき。
2017年7月から無料漫画配信サイト『ComicWalker』内のフロースコミックにて、藤小豆によるコミカライズが連載中。
同じくフロースコミックにて、スピンオフ漫画『聖女の魔力は万能です 〜もう一人の聖女〜』が2020年10月から亜尾あぐによって連載中。
2021年4月時点で、シリーズ累計発行部数は220万部を突破しています。

予告動画

聖女の魔力は万能ですシリーズ

ここの見出しについては空欄で置いておいてください。

スポンサーリンク