剣と魔法のファンタジー世界において、敵キャラクターである『魔王』を主人公にしたアンチヒーロー作品の第3弾。

今回はオーバーロードⅢ3期を無料視聴する方法を紹介します。

さらにネタバレやあらすじも公開しています。

スポンサーリンク

オーバーロードⅢ3期の動画を無料で見放題にする

「オーバーロードⅢ3期」を1話から見直したい、見逃した回を見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を利用することで、今すぐ「オーバーロードⅢ3期」を無料視聴することができます。

高画質でストレスなく見るには公式の動画配信サービスが絶対にオススメです♪

サービス名配信状況公式サイト
配信・レンタルあり
配信・レンタルあり
配信・レンタルあり

「オーバーロードⅢ3期」はU-NEXTとd-アニメストアとhuluで配信されています。

その中でもU-NEXTでは登録後31日間無料体験をしているので、期間内に解約手続きをすれば完全無料でやめることができます。

さらに「オーバーロードⅢ3期」以外のアニメ作品の取り扱いも多く、マンガを読めたり映画も見れますのでオススメです。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことでオーバーロードを視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/

本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

オーバーロードⅢ3期の各話のあらすじ(ネタバレあり)

一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム(VRMMORPG)『ユグドラシル』。

しかし2138年、『ユグドラシル』はサービス終了を迎えようとしていた。

プレイヤーの1人であるモモンガは1人で静かに最後の時を待っていたが、サービス終了の時刻になってもログアウトが起こらない。

気が付けば『ユグドラシル』とよく似た異世界へ転生していた。

モモンガはかつての仲間を探すためアインズ・ウール・ゴウンと名を改め、異世界へその名を轟かすことを決意する。

これまでは余計な争いを避けるため目立たぬようにしていたアインズだが、超越者たる力を見せつけるべく、ついに表舞台へ姿を現す。

第1話「支配者の憂鬱」

大人気ゲーム《ユグドラシル》からナザリックの最高支配者として転生し、NPC達の期待に応える生活を続けているアインズ、そんなある日、不眠不休で動くみんなを評価して、ねぎらいの報酬を与えようとするのでした。

感想と考察

ナザリックのみんなの安息のひと時を見れた回でした。それにしてもアインズはナザリックの守護者の皆から信頼されています。普段何気なく見ているこの光景ですが、ナザリックの支配者として常にみんなの期待にこたえ続けるアインズは凄いと実感しましたね。

第2話「カルネ村再び」

スレイン法国の魔の手からアインズのお陰で逃れることが出来たカルネ村では、収穫期が訪れていました。エンリはアインズからもらったゴブリンの笛を使いこなしていてゴブリンたちと村復興をも成し遂げているのでした。

感想と考察

ゴブリンと仲良くするカルネ村のエンリの様子がかなり珍しいものを見た感覚になりました。ゴブリンは基本的に人から見たら魔物で討伐対象なのですが、一緒にこうして村復興に尽力する、種族を超えた絆がそこでは見られて素晴らしいと感じましたね。

第3話「エンリの激動かつ慌ただしい日々」

魔物に襲われる子供ゴブリンを助けたエンリ達、助けた子供ゴブリンの話から、大森林には恐ろしいものがいるといいます。その正体は東の巨人と西の魔蛇が手を組んだというもの、エンリはこの件解決に動き出すのでした。

感想と考察

エンリはそのあふれるばかりの性格の良さで村の人々やゴブリンたちを先導していました。その姿は今回の話の主人公と言った感じです。そんな光景を目の当たりにしているルプスレギナの表情は中々必見でした。やはりプレアデスの中でもナーベはマシな部類なのかもしれないと思ってしまいましたね。

第4話「東の巨人、西の魔蛇」

プレアデスの一人ルプスレギナが何故か報告を怠っていることに気づいたアインズは怒ります。とはいえアインズ自身にも落ち度があったため許すことにするアインズ、その件の中の東の巨人について興味を持つことになるのでした。

感想と考察

魔物たちの巣にアインズ様が直々に登場することになりました。魔物視点からしたらこれほど絶望的な状況はないと思いますね。攻撃してもびくともせずに、逆にアインズが少しでも攻撃の動作をみせれば魔物は一瞬で一掃される、やはりナザリックはとてつもないです。

第5話「二人の指導者」

カルネ村に攻め入ってきたモンスターたち、エンリはンフィーリアを心配しつつも、逃げ遅れた人々を探しに村周辺の見回りをすることにします。そこに現れたのがトロールでエンリの戦いが始まるのでした。その際に自らが囮になろうとします。

感想と考察

エンリとンフィーリアはすっかり村の指導者となって大活躍していました。村の強襲も退けて、2人の成長ぶりには凄く感心してしまいましたね。また2人に対してはかなり寛容なアインズの様子を見ているのが、面白かったです。不思議な魅力を持つエンリとンフィーリアのコンビの話だと思いました。

第6話「死出への誘い」

モモンはある計画を進めるためにバハルス帝国に訪れることになります。そしてそこで依頼されたのが、新しく発見された遺跡の調査、同行者として「フォーサイト」と行動を共にすることになります。ルールに縛られないワーカー特有の案件故にかなり波乱の予感。

感想と考察

モモンの正体はアインズなわけですから帝国に見つかったナザリックの調査にアインズがモモンとして赴くという何とも面白い構図が出来上がりそうでした。しかしフォーサイトの連中ですが完全にナザリックの恐ろしさを知らない様子で阿鼻叫喚が見れそうな気がして楽しみでしたね。

第7話「蜘蛛に絡められる蝶」

未知の墳墓に足を踏み入れたフォーサイト達面々、しかしいざ侵入すると出てくる魔物がかなり弱くて、拍子抜けをしていました。その裏ではアインズは着実に侵入者洗礼の準備をしています。フォーサイト達にナザリックの洗礼がされます。

感想と考察

遂にナザリックの洗礼がフォーサイトの面々を襲うことに、普段みているナザリックの守護者たちは凄くマイルドに表現されているだけに、侵入者に牙を向くナザリックの守護者達はとんでもなく怖かったです。フォーサイトの面々が気の毒でした。

第8話「一握りの希望」

フォーサイトがナザリックを進むと闘技場に飛ばされることになります。そこで現れたのはなんとアインズです。圧倒的な強さを前にフォーサイトの面々はかつてない恐怖に襲われることになります。許しを請う面々にアインズは非情な判決を下すのでした。

感想と考察

一般冒険者から見たアインズはまさに魔王その者でした。ナザリックの領域を犯されて怒りを見せるアインズを見た時は、普段のマイルドなアインズからは想像もできない恐ろしさを感じましたね。そしてフォーサイトは案の定壊滅、ナザリックの威厳が更にました章となっていたと感じました。

第9話「舌戦」

バハルス帝国に乗り込んだマーレ達は皇帝ジルクニフと対面します。ジルクニフはマーレ達を見ても冷静でナザリックへの釈明を約束しました。そして訪れたジルクニフはアインズの統治するナザリックが人智を超えた凄みを持っているのだと気づくのでした。

感想と考察

アインズの前ではたとえ皇帝ですら、その凄みを感じられるのだと実感した面白い回でしたね。遂にナザリックの名が皇帝にまで気づかれてしまいました。皇帝と言えばいわばこの世界のNPC達の最高峰の人材が揃っているはずですから、ナザリックの立ち位置が明らかになりそうで楽しみです。今のところだとかなり高いところにいるようですが。

第10話「戦争準備」

バハルス帝国はナザリックと正式に同盟を結ぶと宣言します。中では賛否両論で貴族たちの反応は様々でした。戦争が議題になると、ガゼフはアインズのその強さを知っているために、絶対に避けるべきであるとするのでした。

感想と考察

決戦前夜と言った感じでした。アインズ率いる軍と戦う気があるようですが、かなり結果は見え透いていると思いましたね。次回はまたまたナザリック無双が見れそうで楽しみです。今回はかつてない大規模な戦争での無双になりそうで、かなり壮大なのだと思いますね。

第11話「もう一つの戦い」

跡継ぎを確立したい王子は功績を欲していたのですが、そんな中でカルネ村の調査をすることになります。そこで思いついたのが村人を使ってアインズと取引をすること、しかし誤算として予想以上にカルネ村の護衛が硬かったことが挙げられました。

感想と考察

エンリが笛で呼び込んだゴブリン軍団が強力すぎて笑ってしまいました。まさかあのエンリが王国一軍隊を殲滅しうるほどのゴブリンを操るとは予想だにしません。しかもただのゴブリンではなく伝説クラスのゴブリンの数々、やはりアインズが絡むととんでもない事態になりますね。

第12話「大虐殺」

王国軍24万に対して帝国軍は6万しかいません。圧倒的不利の状況に見えるこの状況ですが、帝国は精鋭ぞろいです。そんな中戦場にデスナイトを連れたアインズが登場します。さらに超位魔法も展開し、一部始終を見ていたガゼフ達を戦慄させるのでした。

感想と考察

もうなんか滅茶苦茶でした。結局NPC達がどんなに頑張ってもアインズからしたらそれは蟻のような小さな争いでしかない、それほどの圧倒的力を見せていましたね。黒い羊の化け物に蹂躙される戦場は正に地獄絵図、やはりアインズは末恐ろしい人物です。

第13話「PVP」

一瞬で王国軍を殲滅したアインズの超位魔法、その威力に王国軍、更には味方である帝国軍ですら戦慄することになります。誰もが逃げ惑う様子は正に地獄絵図、そんな中でも戦士長ガゼフは果敢にアインズに剣を向けます。そんなガゼフの心意気を評価したアインズは一体一の申し出を受けることになります。

感想と考察

全てがアインズの手のひらで動いています。気持ちいい程作戦が順調に続いているのでこれからもアインズ無双はしばらく続きそうですね。しかし気掛かりなのはNPCサイドの最強クラスの動向です。一期ではあのシャルティアを翻弄した猛者もいるようで四期が有れば、どうなるのか気になるところですね。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことでオーバーロードⅢを視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/
スポンサーリンク

オーバーロードⅢ3期の声優情報

アインズ/CV.日野 聡

本作の主人公で、呼び名は『髑髏の見た目を持つ最強の魔法詠唱者』。仮想体感型ロールプレイングゲーム『ユグドラシル』がサービス終了を迎えたとき、ドクロのアバターのまま異世界へと転移してしまう。モモンガというHNでプレイしていたが、転移してからはアインズ・ウール・ゴウンを名乗り、ナザリック地下大墳墓の統治者となっている。

アルベド/CV.原 由実

『慈悲深き純白の悪魔』の呼び名を持ち、ナザリック地下大墳墓の階層守護者統括。全NPCの頂点に立つ存在で、黒色の天使の翼とヤギのような角を持つ絶世の美女。高い防御能力を持っており、守りに長けている。

シャルティア・ブラッドフォールン/CV.上坂すみれ

『鮮血の戦乙女』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第1~第3階層の守護者。長い銀髪と真紅の瞳が特徴で、外見年齢は14歳程の吸血鬼。

アウラ・ベラ・フィオーラ/CV.加藤英美里

『負けん気溢れる名調教師』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第6階層の守護者。金髪のショートヘアと褐色肌、オッドアイが特徴で、外見年齢は10歳程のダークエルフの少女。いつも元気で明るい性格だが、製作者の遊び心によって男装をさせられている。

マーレ・ベロ・フィオーレ/CV.内山夕実

『頼りない大自然の使者』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第6階層のもう1人の守護者。双子の姉・アウラとは逆の配色のオッドアイが特徴で、外見年齢は10歳程のダークエルフの少年。気弱な性格だで、製作者の遊び心によって女装をさせられている。

デミウルゴス/CV.加藤将之

『炎獄の造物主』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第7階層の守護者。ナザリック最高峰の頭脳の持ち主で、人間を陥れ破滅に追いやることを悦びとする悪魔。アインズには絶対の忠誠を誓っており、自分をも凌駕する鬼謀の持ち主と信じ込んでいる。

コキュートス/CV.三宅健太

『凍河の支配者』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第5階層の守護者。二足歩行の昆虫を想起させる姿をしており、能力や性格は武人そのものである。格下であっても、勇敢な戦士には敬意を払っている。

セバス・チャン/CV.千葉 繁

『鋼の執事』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の執事。守護者ではないが、役職の上では他の階層守護者とは同格の扱いになっている。弱者の守護と救済を是とする人格者であり、真の姿を見せた際の戦闘能力はナザリック随一。

オーバーロードⅢ3期の作品情報

作品概要

原作は2010年5月から小説投稿サイト『Arcadia』で連載されていたライトノベルで、作者は丸山くがね。2012年7月から、イラストレーターso-binによりKADODAWAから書籍版が刊行されている。

2017年版『このライトノベルがすごい!』単行本・ノベルズ部門で第1位を獲得し、2018年版2019年版では第4位を獲得している。

シリーズ累計発行部数は、2020年2月時点で800万部を記録しています。2015年にはテレビアニメ第1弾が放送され、2018年1月には第2弾が放送されました。

予告動画

オーバーロードシリーズ

スポンサーリンク