剣と魔法のファンタジー世界において、敵キャラクターである『魔王』を主人公にしたアンチヒーロー作品の第1弾。

今回はオーバーロード1期を無料視聴する方法を紹介します。さらにネタバレやあらすじも公開しています。

スポンサーリンク

オーバーロードの動画を無料で見放題にする

「オーバーロード」を1話から見直したい、見逃した回を見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を利用することで、今すぐ「オーバーロード1期」を無料視聴することができます。

高画質でストレスなく見るには公式の動画配信サービスが絶対にオススメです♪

サービス名配信状況公式サイト
配信・レンタルあり
配信・レンタルあり
配信・レンタルあり

「オーバーロード」はU-NEXTとd-アニメストアとhuluなどで視聴可能です!

その中でもU-NEXTでは登録後31日間無料体験をしているので、期間内に解約手続きをすれば完全無料でやめることができます。

さらに「オーバーロード1期」以外のアニメ作品の取り扱いも多く、マンガを読めたり映画も見れますのでオススメです。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことでオーバーロード1期を視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/

本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

オーバーロード1期の各話のあらすじ(ネタバレあり)

一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム(VRMMORPG)『ユグドラシル』。

しかし2138年、『ユグドラシル』はサービス終了を迎えようとしていた。

プレイヤーの1人であるモモンガは1人で静かに最後の時を待っていたが、サービス終了の時刻になってもログアウトが起こらない。

気が付けば『ユグドラシル』とよく似た異世界へ転生していた。

モモンガはアインズ・ウール・ゴウンと名を改め、世界征服のため行動を起こす。

第1話「終わりと始まり」

舞台はMMORPG《ユグドラシル》です。人気がなくなったことでサービスを終了してしまったユグドラシル、サービス最終日において最後までゲームを続けていたプレイヤーモモンガはすっかり自分だけにメンバーがなってしまったギルドを見て最後の時を迎えるのでした。

感想と考察

自分はまだはまっているオンラインゲームが廃れていってサービス終了するという経験をしたことがないのですが、近い将来自分のやっているゲームもユグドラシルの様になったらと思うと中々恐ろしい気持ちになりました。そしていなくなったギルドの中で残ったモモンガが、ナザリックの主になる様子は斬新で面白かったです。

第2話「階層守護者」

サービス終了したはずのユグドラシルの世界に閉じ込められたモモンガ、そこではNPCが勝手に動き出しモモンガは焦ることになます。NPC達が自分を攻撃してくるのではないかという不安に襲われるアインズ、しかし階層守護者はみんなモモンガを主として強い忠誠をみせてくれるのでした

感想と考察

ナザリックの守護者の皆が主であるアインズを崇めてくれるのが物凄く気持ちいいと感じました。基本的にアインズ視点で物語が進んでいくのですが、徐々にユグドラシルの世界に閉じ込められたと自覚するアインズの様子を見ていよいよ物語りが本格的に動きそうな気がしました。

第3話「カルネ村の戦い」

騎士団によって蹂躙されていく村の様子を見るアインズですが、人間時代と違っていたって心は平生、アンデット化の影響を直で受けていました。物は試しと力試しのために村を助けてみることにするアインズ、モモンガとして現地に赴くのでした。

感想と考察

村にモモンガとして姿を現したアインズですが、仮面をかぶって身体がやたらデカいので、その容姿は不気味の一言でした。騎士団はかなり強者な気がしますが、アインズはユグドラシルガチ勢なので、その実力はNPCに負けるとは思いません。一体次回アインズがどんな無双を見せてくれるのか楽しみですね。

第4話「死の支配者」

村を襲った黒幕はスレイン法国の《陽光聖典》でした。その目的は戦士長ガゼフを葬ることで、ガゼフもそれを把握して迎え撃とうとしていました。最強の騎士であるガゼフでもスレイン法国の部隊には苦戦することになり、ガゼフも最後は力尽きてしまいます。

感想と考察

ガゼフが生身でマジックキャスターの召喚物に立ち向かってたのがかっこよかったですね。その後はアインズ達ナザリック無双で笑いました。特にアルベドですがアインズ様を侮辱した陽光聖典リーダーにブチ切れたのが面白かったです。主人公が強いのは爽快だと感じたのでした。

第5話「二人の冒険者」

次のアインズの行動は情報収集や金銭取得でした。そこで考えたのが冒険者組合に加入すること、早速冒険者モモンとして戦闘メイドプレアデスの一人のナーベを連れていくことにしました。しかし加入時なのでろくなクエストが受注できないことに気づきます。

感想と考察

アインズがまさかの冒険者になり驚きです。名前はモモンとして鎧を纏った騎士として行動することになるのですが、アンデットと乖離しすぎていて違和感を感じましたね。そんなアインズを初心者だと勘違いした冒険者が仕事を誘ってきたのですが、次回モモン無双で彼らが驚くのが楽しみですね。

第6話「旅路」

冒険者組合に入りたてのモモンを仕事に誘ってあげた《漆黒の剣》の面々達、クエストで強いモンスターを軽々倒していくモモンに、その実力は伝説級《アダマンタイト級》クラスではないかと驚くことになりました。それに対するモモンの反応とは。

感想と考察

漆黒の剣の皆がモモンを認める流れが凄く爽快でしたね。一番下の初心者のはずのモモンが一番最上級のアダマンタイトに匹敵する、この落差が衝撃を生んでいました。ただ中身はアインズなのでアダマンタイトも比じゃないくらいの実力がありそうなのが何とも面白いですね。ナーベもキャラが立ってて良かったです。

第7話「森の賢王」

カルネ村に異変が訪れます。村の周囲に出現した武装したゴブリンたち、囲まれて危機的状況になるンフィーレアですが、エンリが駆け付けてくれました。エンリからモモンの話を聞くとカルネ村に異変が訪れた経緯が明らかになります。

感想と考察

森の賢王、この名前だけ聞くととても強そうで、多彩な技を持ってそうな相手に思えますが、モモン達が実際遭遇した森の賢王の見た目があまりにも可愛らしすぎて面白かったです。その見た目はまるでハムスターその者、しかもそんな姿で勘高い声でしゃべるのでオーラが全くありません。それでも強いのは驚きですね。

第8話「死を切り裂く双剣」

モモンが順調に冒険者として活動する中で事件が発生します。ンフィーリアが攫われてしまったのでした。事態の背景には狂気を纏ったクレマンティーヌの存在がありました。ンフィーリアが攫われる際にぺテルたちが身を挺して守ることになりますが、その心意気は無駄に終わります。

感想と考察

クレマンティーヌとモモンガが対峙していよいよ面白くなってきました。設定だとクレマンティーヌの実力はかなりのもののようなのですが、あくまでそれはNPCでの話ですからね、転生プレイヤーのアインズの真骨頂が次回見れそうで楽しみです。

第9話「漆黒の戦士」

秘密結社ズーラーノーンの儀式に居合わせたモモン達は、クレマンティーヌ達と戦うことになりました。モモンを分析し攻略できると確信したクレマンティーヌ、両者の激しい戦いが始まるのでした。一方ナーベはガジットと対峙します。

感想と考察

アインズ様が強すぎな回でした。モモンの姿からアインズの姿になると格差が凄いですね。圧倒的な次元を超えたアインズの力は最強クラスのNPCでも歯が立たないことが分かり爽快です。またナーベもかなり強くてナザリック凄すぎでした。

第10話「真祖」

アインズがモモンとして活動している頃、シャルティアが特殊能力を持つ人間の捕獲をする任務をアインズから承っていました。そんな中傭兵を襲い目的を達成しようとするのですが、血を見たことで特性が発動、暴走してしまいます。

感想と考察

まさかのシャルティアの暴走に驚きましたね。その姿はとてもおぞましく、その上謎の強い冒険者にやられてしまいました。ナザリック無敵だと前回思ったのですが、匹敵する力を持つものがNPCでいるとはさらに驚きが増した回だったのでした。

第11話「混乱と把握」

シャルティアの反逆によりナザリックは緊急を要する事態になります。シャルティアは現在森の中で立ち尽くしていて、アインズはシャルティアを最大限に警戒して必殺の武器を使うことに決めるのでした。その武器は神器級の物で、かつてない戦いを予感させます。

感想と考察

まさかのシャルティアの反逆、アインズ様との戦いが実現するかもしれません。ナザリックは最強だと思っていたのですが、それが裏目に出る展開で、アインズは最強クラスの自分の従者と戦わなければならないのでした。これは目が放せません。

第12話「鮮血の戦乙女」

アインズは一人でシャルティアと対峙することになりました。負けたら命を落としかねないギリギリの戦いになる、それほどアインズはシャルティアの実力を認めていた為、最大限の準備を施します。勝敗が不安なデミウルゴスもうろたえる事態に。

感想と考察

驚くべきことに主であるアインズを窮地に陥れるほどシャルティアの実力が高かったです。しかし流石ユグドラシルガチ勢のアインズ、戦いを熟知しているように思えました。次回アインズの策略が明らかになりそうですが、結末が気になりますね。

第13話「PVN」

アインズ対シャルティアの戦いは完全にシャルティアの優勢でした。というのも、豊富な蘇生アイテムや完全態勢により、アインズの膨大なMPを削り切る、その上で接近戦に持ちこみ、接近戦の場合シャルティアに分があるからでした。

感想と考察

ゲームでよくあるチュートリアルのラスボスがシャルティアなんだと思います。そしてアインズはその先の対人戦を主とするガチ勢、勝敗の差は歴然と言えましたね。最早アインズに勝てるのは同じガチ勢の転生者だけだと思いました。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことでオーバーロードを視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/
スポンサーリンク

オーバーロードの声優情報

モモンガ/アインズ/CV.日野 聡

本作の主人公で、呼び名は『髑髏の見た目を持つ最強の魔法詠唱者』。仮想体感型ロールプレイングゲーム『ユグドラシル』がサービス終了を迎えたとき、ドクロのアバターのまま異世界へと転移してしまう。モモンガというHNでプレイしていたが、転移してからはアインズ・ウール・ゴウンを名乗り、ナザリック地下大墳墓の統治者となっている。

アルベド/CV.原 由実

『慈悲深き純白の悪魔』の呼び名を持ち、ナザリック地下大墳墓の階層守護者統括。全NPCの頂点に立つ存在で、黒色の天使の翼とヤギのような角を持つ絶世の美女。高い防御能力を持っており、守りに長けている。

シャルティア・ブラッドフォールン/CV.上坂すみれ

『鮮血の戦乙女』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第1~第3階層の守護者。長い銀髪と真紅の瞳が特徴で、外見年齢は14歳程の吸血鬼。

アウラ・ベラ・フィオーラ/CV.加藤英美里

『負けん気溢れる名調教師』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第6階層の守護者。金髪のショートヘアと褐色肌、オッドアイが特徴で、外見年齢は10歳程のダークエルフの少女。いつも元気で明るい性格だが、製作者の遊び心によって男装をさせられている。

マーレ・ベロ・フィオーレ/CV.内山夕実

『頼りない大自然の使者』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第6階層のもう1人の守護者。双子の姉・アウラとは逆の配色のオッドアイが特徴で、外見年齢は10歳程のダークエルフの少年。気弱な性格だで、製作者の遊び心によって女装をさせられている。

デミウルゴス/CV.加藤将之

『炎獄の造物主』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第7階層の守護者。ナザリック最高峰の頭脳の持ち主で、人間を陥れ破滅に追いやることを悦びとする悪魔。アインズには絶対の忠誠を誓っており、自分をも凌駕する鬼謀の持ち主と信じ込んでいる。

コキュートス/CV.三宅健太

『凍河の支配者』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の第5階層の守護者。二足歩行の昆虫を想起させる姿をしており、能力や性格は武人そのものである。格下であっても、勇敢な戦士には敬意を払っている。

セバス・チャン/CV.千葉 繁

『鋼の執事』の呼び名を持つNPCで、ナザリック地下大墳墓の執事。守護者ではないが、役職の上では他の階層守護者とは同格の扱いになっている。弱者の守護と救済を是とする人格者であり、真の姿を見せた際の戦闘能力はナザリック随一。

オーバーロードの作品情報

作品概要

原作は2010年5月から小説投稿サイト『Arcadia』で連載されていたライトノベルで、作者は丸山くがね。2012年7月から、イラストレーターso-binによりKADODAWAから書籍版が刊行されている。

2017年版『このライトノベルがすごい!』単行本・ノベルズ部門で第1位を獲得し、2018年版2019年版では第4位を獲得している。

シリーズ累計発行部数は、2020年2月時点で800万部を記録しています。

予告動画

オーバーロードシリーズ

スポンサーリンク