ヒロアカ5期|無料動画&見逃し配信をフル視聴できる配信サイト!

雄英校に通いヒーローを目指す緑谷出久が、戦いを経てクラスメイト達との友情や成長を描く物語の第5期。

今回は僕のヒーローアカデミア5期を無料視聴する方法を紹介します。さらにネタバレやあらすじも公開しています。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア5期の動画を無料で見放題にする

「ヒロアカ5期」を1話から見直したい、見逃した回を見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を利用することで、今すぐ「僕のヒーローアカデミア5期」を無料視聴することができます。

高画質でストレスなく見るには公式の動画配信サービスが絶対にオススメです♪

サービス名配信状況公式サイト
配信・レンタルあり
配信・レンタルあり
配信・レンタルあり

「僕のヒーローアカデミア5期」はU-NEXTとdアニメストアとHuluで配信されているみたいです。

その中でもU-NEXTでは登録後31日間無料体験をしているので、期間内に解約手続きをすれば完全無料でやめることができます。

さらに「僕のヒーローアカデミア5期」以外のアニメ作品の取り扱いも多く、マンガを読めたり映画も見れますのでオススメです。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことでヒロアカ5期を視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア5期の各話のあらすじ(ネタバレあり)

“無個性”の少年緑谷出久(デク)は、憧れのNo.1ヒーローであるオールマイトから個性“ワン・フォー・オール”を受け継ぐ。

ヒーローを目指し雄英高校に入学したデクは、1年A組のクラスメイト達と切磋琢磨する毎日を過ごしていた。

ある日1年A組と1年B組によるクラス対抗戦が行われることになり、生徒達は激戦を繰り広げる。

その最終戦の最中デクの体に異変が起こるが、それは“ワン・フォー・オール”の中の歴代継承者の1人の個性だった。

第89話「全員出動!1年A組

新たなNo.1ヒーロー「エンデヴァー」の活躍に盛り上がる1―Aの生徒たち。そんな中緊急訓練のサイレンが教室に鳴り響き、消火活動、人命救助と、それぞれの個性を活かし対応に向かう。さらには意外な人物がヴィランとして登場し…

感想と考察
今回は新シリーズ一話ということもあり、改めて各キャラのヒーロー名と個性の説明があり、また訓練を通してその特性が見られ、5期から見始めても見やすい内容でした。
冒頭では実力派ヒーローのホークスがエンデヴァーを力強くサポートしていましたが、後半ではヴィランとつながりがあることがわかり、次回の展開が楽しみです。

第90話「面影」

ハイエンドとの戦闘を終え満身創痍のエンデヴァー、ホークスの前に、ヴィラン連合の荼毘が現れる。再びの窮地に陥るが、奇しくも味方のヒーローが駆け付け難を逃れる。

エンデヴァーは数日で退院、娘の冬美の計らいで、久しぶりの一家団欒の場に帰宅するが…。

一方、基礎体力訓練、個性の訓練の末力尽き眠り込んだ出久は、歴代のワン・フォー・オールの継承者たちの夢を見る。右手の自由だけが効く中、出久が見た夢の結末とは…。

感想と考察

荼毘と密会していたホークスは、今回の話で、実はヴィラン連合への内定として動いていたことが判明しました。個人的にホークスは好きなキャラなので、ヴィラン側でなくてよかった~と安心しました。彼は自身が理想とする「ヒーローが暇を持て余す社会」のため、汚れ役を買って出たようですが、正義の道を外れずに活躍していってほしいですね。

轟家では退院したエンデヴァーを家族で迎えますが、過去の行いを許すことができない夏雄は部屋を出て行ってしまいなんとも気まずい雰囲気…。焦凍は同じように気持ちを吐き出しますが、これから父親として、どうなっていくのか見たい。とも伝えます。家族の気持ちを受け、エンデヴァーはNo1ヒーローとして、また父親として、決意を新たにします。自らの過ちを認め、前を向いて進もうとするエンデヴァーがこれからどんなヒーローになっていくのか、これからが楽しみです。

第91話「激突!A組 VS B組

夢で見たことをオールマイトに話す出久。初代と言葉を交わしたのは、出久が初めてだと言う。夢で見た初代から告げられた「特異点はとうに過ぎてる」-。その言葉の意味とは?

その日の午後は、初めてとなるAB組の合同演習が行われる。C組の心操も編入希望者として特別参加し、個性ぶつかり合うチーム対抗戦が始まる!

感想と考察

まだまだ謎の多い個性ワン・フォー・オール。「特異点」とは何を指すのでしょうか?また、歴代の継承者たちの中で、もやがかかったままの人物が2名ほどいたのも気になります。何か特別な理由があるのでしょうか?

今回はB組+心操くんも加わり合同訓練スタート!第一試合はA組に心操くんが加わり共闘します。彼の個性は初見であれば手ごわいですが、すでに皆に知られていること、また肉弾戦も得意ではなさそうなので、どうやって戦うのか…?と疑問でしたが、新技・ペルソナコードが登場!個性の洗脳の条件、操りたい者と言葉を交わさなければならないという欠点をうまくカバーしたこの新技、かなり強力ですね…!次回の展開が楽しみです!

第92話「それ行け心操くん!」

対抗戦第1試合、B組の宍田のパワーにより、早くもA組は苦戦を強いられるかに思えたが、心操の新技・ペルソナコードにより、形勢は二転三転と動いていく。それぞれの策が交差する中、勝利を掴み取るのは果たしてどちらのチームだ⁉

感想と考察

見事なチームワークでA組が勝利!心操くんはボイスチェンジャーや相澤直伝の捕縛布を駆使して、チームをサポートします。戦闘スキルを褒められて少し戸惑う表情も見せていましたが、訓練中にピンチをチームメイトに救われ、まだまだだと反省している様子。ストイックにヒーローを目指す姿がかっこいいですね。単純なパワータイプなどに比べ、心理戦に強い個性のため、最後の宍田のノックアウトはどんでん返しが爽快でした。あと、梅雨ちゃんの舌の力が半端ないですね。

第93話「新技即興オペレーション」

チーム対抗戦の第一試合は見事A組が勝利を納める。両者ともに試合の反省を行い、試合は第2試合に移る。インターンを共にした拳藤は、八百万に宣戦布告。常闇をライバル視する黒色。試合が始まり、常闇はインターン先でホークスから受けたアドバイスをもとに培った新技を駆使し、仲間と共に敵を追い詰めたように思えたが―。

感想と考察

常闇が、飛んだ!そういえばダークシャドウって、浮いているように見えていましたが、空を飛ぶ描写って今までになかったですね。黒の堕天使というネーミングセンスがなんとも中二病くさくて常闇らしい!()黒色に攫われた青山くんを取り返し、形勢逆転に思えましたが、次なる刺客は小森。あたり一面、人体にもキノコを発生させる個性で、A組を翻弄します。戦闘プランは拳藤が提案しているようですが、頭脳戦なら八百万の十八番!ここからどのように進行していくのでしょうか。

第94話「先を見据えて」

小森の大量キノコと、吹出による実体オノマトペにより、A組は八百万とその他の面々に分断されてしまう。拳藤の狙いは、ブレーンである八百万を切り離し、単独で叩くことだった。

一方試合を見守る轟は、肉弾戦が苦手な八百万の窮地に、それさえも彼女の想定内だと呟く。

感想と考察

常に先を考え策を練る八百万ですが、今回は大砲を生成!これには拳藤も怯みますが攻撃ではなく仲間のサポートアイテムを渡すためのものでした。接近戦では敵わないと判断し、自身は敵の足止め、瞬時に仲間のアシストに回る八百万の機転の良さが素晴らしい!アイテムを受け取った常闇はそれらを駆使し、B組を追い詰めます。しかし小森の肺攻を侵すキノコにより常闇ダウン、吹出を攻め入る葉隠も、あと一歩のところで追いついた拳藤によって拘束され、結果はB組の逆転勝利!拳藤は、大砲がアイテムを届けるだけでなく自分の足枷にもなり、その先を見据えた八百万の対し、勝った気がしないなと呟きました。40で完封を許した相手にさえ、そのような言葉をかけられるとは、さすが八百万です!

第95話「第3試合」

第3試合は轟を筆頭に、索敵や攻撃力とバランスの取れたAVS鉄哲や回原といった接近戦型の多いB組!開始早々轟の大範囲の氷結が火を吹き敵の動きを止めるも、B組推薦枠の実力派、骨抜の柔化のより無力化される。戦いは11の戦闘にもつれこみ、飯田は氷に埋められてしまうが、レシプロの更なる力を見せる!

感想と考察

ついに轟の登場です!皆が新技などの成長を見せる中、彼もきっと魅せてくれるだろうと期待が高まります!最初の一撃も、視界を遮らないように氷結を放っていましたね!早々に11に分断されてしまい真逆のタイプである接近戦に強い鉄哲にリーチを取られますが無事に切り抜けられるのか⁉一方、首まで氷に埋められてしまった飯田。兄直伝の強化により10分まで稼働可能になったレシプロで窮地を脱します。骨抜きの柔化のスピードを上回るスピードは出せるのか?見どころ満載の第3試合になりそうです。

第96話「第3試合決着」

試合開始早々、地面に埋められた飯田。新技「レシプロターボ」で窮地を脱し、自身も制御できないスピードで敵を捕縛、牢に入れる快挙を遂げる。一方轟は火も氷もものともしない鉄哲に苦戦。さらに火力を上げるが両者の限界は近く…。怒涛の第3試合、限界のその先で勝利を掴め!

感想と考察

新技「レシプロターボ」、対抗戦の中で一番鳥肌の立つカッコよさでした!作画も良く、今回は各場面でその速さが描かれ、最高にクールでした。今回の話でインゲニウムファンが増えたのではないでしょうか。炎熱を最大火力まで上げる轟。父・エンデヴァーの「限界を超えろ」の言葉が脳裏によぎったあと、拳に炎が集約され輝きます。その様はまさにプルスウルトラ、限界を超えた象徴のようで感動しました!その直後に骨抜の個性で決着はつかないままだったので、今後の轟の活躍が楽しみです。試合の結果は投獄されなかった全員が気絶、そのままタイムアウト引き分けでした。「俺はまだまだ遅い…」と悔しがる飯田。相変わらずのストイックさでした。

第97話「先手必勝!」

第4試合は爆轟が特攻、サポートを耳郎たちが請け負うA組と戦略を練り敵を迎え撃つ体制の取陰率いるB組が火花を散らす。爆轟の協調性のなさは周知され、そこを突いていくと息巻く取陰。チーム全体としての勝利をかけた一戦、結果は果たして―。

感想と考察

爆轟とチームメイトの連携プレーが見どころでしたね!基本ワンマンですが、勝利のために「助け合う」ことを選んだ爆轟。大分成長が見られましたね。それ何といってもその強さとスピード。

チームの士気も上がり、たたみかけるように試合は進み、40の完封勝利を収めます。己を信じ、絶対的に強い存在としてチームを動かしている様が見ていて痛快でした!

第98話「受け継ぐモノ」

対抗試合も遂に最終戦に突入!物間の挑発の言葉に、ワン・フォー・オールが暴発したデク。駆け付けたお茶子は心操に助けを求める。洗脳を受けたデクは、再び「面影」の中で歴代継承者の一人に相まみえ、暴発した力は、「黒鞭」という名の個性であると告げられる。洗脳が解けたのも束の間、全員がその場に集結し、試合は乱戦を極めていく。

感想と考察

ワン・フォー・オールの暴走は、新しい個性の発現でした!鞭なので、中距離~遠距離にも応用が利き、パワーに極振りに思えた個性の幅がこれからもっと広がりそうですね!心操との戦いでは捕縛布VS黒鞭の展開になるのでしょうか?

第99話「ぼくらの大乱戦」

混戦を極める第5試合。全員が集結し、個性のぶつかり合いの中、物間がデクの個性をコピーしようと迫る!デクは心操を追い、体育祭以来の11の戦いが始まる!心操のリベンジは果たされるのか?それぞれが成長を見せた対抗試合編、ここに完結!

感想と考察

デクの新個性「黒鞭」は、制御が難しいようで今回ははっきりとその活躍が見られなかったですね。やっとの思いでワン・フォー・オールを物にしたのに、デク、苦労が絶えませんね…。無事にA組が勝利しました!この対抗試合ではそれぞれの成長に加え多くの新しい個性が見られてとても楽しかったです。個人的に庄田二連撃の個性が独特で好きです。よくこんなの思いつくなあ。堀越先生は本当にアイデアの引き出しが多い…。

第100話「新しい力とオール・フォー・ワン」

心操のヒーロー科編入が決定し、合同訓練は幕を閉じた。その日の夜、新たな個性「黒鞭」の力を試すため、デクは爆轟、オールマイトと共に訓練を行う。その数日後、仮免補講最終日に臨む爆轟・轟ペア。仮免取得も束の間、ヴィランによる事件発生!実力派の二人は、無事に事態を制圧できるのか?

感想と考察

心操くんがヒーロー科に…!組み分けはまだ不明とのこと、どの0ようなヒーローに成長していくか、見守っていきたいです。試合後に物間、デク、相澤先生は壊理の元へ。物間の個性で壊理ちゃんの個性をコピーしようとするも「スカ」に終わってしまいます。彼女の個性は強力なので、いずれまた重要な場面で登場しそうですね!数日後爆豪・轟は仮免を無事に取得!とほっとしたのも束の間、突如現れたヴィランの制圧に向かいます。実力派イケメンの共闘に思わず胸が熱くなります。盗品も回収し、ヴィランを二人で完封!二人は寮へと戻り、クリスマスパーティがスタート!次週はみんなのサンタコスなど、見所がたくさんありそうですね!

第101話「メリれ!クリスマス!」

プロヒーロー・Mtレディを特別講師に迎え、メディア実習に臨む1~Aの生徒たち。で活泥花市のヴィラン襲撃を受けインターンも再開も決定し、生徒たちがヒーロー社会の表舞台立つための動きが加速していく。そんな緊張の走る最中、寮ではクリスマスパーティが開催される。

感想と考察

大きな戦いが予感される、嵐の前の束の間の癒し「クリスマス回」でした!町一つ壊滅した泥花市襲撃事件を受け、インターンの再開が決定します。その目的が学徒動員であることに疑問を抱く教師一同。表舞台に出るための準備なのか、Mt.レディを特別講師に迎え、1-Aの生徒はメディア実習の受講します。個性や、なりたいヒーロー像を語るインタビュー形式で講義は進み、天然を発揮する轟、シンプルに理念を語る爆豪、がちがちなデクと、個性前回の応答でした!その晩、寮内では壊理ちゃんを迎えクリスマスパーティが開催!もじもじしながら微笑む壊理ちゃん、色違いのサンタコスに身を包んだみんなが可愛すぎる!久々のほっこり回で癒されました!

第102話「いざ!エンデヴァー事務所」

ヒーローインターンの再開が決定し、デク・爆豪をエンデヴァー事務所への出向に誘う轟。活動開始早々ヴィランに遭遇し、エンデヴァーを必死に追う3人。敵を追い詰めたその瞬間、そこにはホークスが現れ…。

感想と考察

荼毘との駆け引きを続けるホークス。療養中のNo3ヒーロー、ベストジーニストの元へ訪れるも、不穏に背後を取ります。まさか逆スパイ…⁉と疑ってしまいます。ヒーローとして、露出を増やしていくと話す彼を保護する目的で動く…とかだったら安心ですが…。一方、エンデヴァー事務所に出向した3人は、ヴィランの対応に向かいますが、エンデヴァーに追いつくことができず着いていくだけで精一杯の様子。「焦凍以外に構うつもりはない!」と言い放つ姿に思わず笑ってしまいました。厳しくあたった時期もありましたが、基本的に息子Loveですよね()既読スルーを気にしたり、友達付き合いに口を出したり、かっちゃんが冷静に「キチィな」と呟くほど()

現場に現れたホークスは【異能解放戦線】という本を使って、ヴィラン連合の動向をエンデヴァーに伝えます。10万もの解放軍が4か月後に決起するという内容に、驚きを隠せない様子のエンデヴァー…。かなり大規模な戦いが予想されますね。当然デク達もその渦中に身を置くことになるでしょうから、誰一人欠けず、制圧できるよう祈るばかりです()

第103話「一つ一つ」

ヴィラン連合、そして「異能解放思想」を掲げる謎の組織の会合に、ホークスの姿が…。一方今回のインターンの真の目的を知ったエンデヴァーは、自らデク・爆豪・轟の指導にあたる。

感想と考察

前回登場した本「異能解放戦線」、その思想を持った組織がヴィラン連合と結託していたことが判明しました。組織の人物は顔が見えませんが、そのトップの声優はワンピースのサンジ役などで有名な平田広明さん!どのような個性・ビジュアルなのか期待が高まります。

エンデヴァーは4か月後の戦いにおいて学徒動員の可能性があることに気が付き、腑に落ちないながらも、自分の元へきた3人の育成を始めます。元々荒っぽい性格のため、根性論で諭すのかと思いましたが…。ヒーローとしての理念、それぞれの個性に合った動き方、などを活動の中で常に指示し、その意識の高さがよくわかります。恵まれた個性を持ちながら、常に努力を怠らず、自身も前に進んでいる彼だからこそ、ここまでのアドバイスが尽きることなく出てくるんだろうなあとしみじみ感じました。

第104話「お久しぶりですセルキーさん」

ドラグーンヒーロー・リュウキュウの元へインターンで訪れたお茶子たち。初日を終え、歓迎会が催される中、個性増強の違法薬物「トリガー」の工場爆発、山火事が発生しその生成材料の薬品がなくなっていたというニュースが流れる。さらには海難ヒーロー・セルキーからのチームアップ要請が入る。

感想と考察

今回はガールズが大活躍!お茶子ちゃん梅雨ちゃんやねじれちゃんと、癒し系女子ばかりで最高です()梅雨ちゃんはセルキーやシリウスとの久しぶりの再会に満面の笑みを浮かべます。違法薬物の密輸船を捕まえるため、チームアップを図りますが、任務開始の前に水着に着替え海でリフレッシュ!バレーやバーベキューなど海を満喫できたようです。セルキーの粋な計らいが素敵!その後開始された捕縛作戦では、連携プレーで順調に任務が進みますが、敵は飛行機で空へ…!リュウキュウのスピードでも追いつけず万事休すかと思いきや、お茶子ちゃんが砲台から発射!敵を制圧、墜落しかけた飛行機の重力を操り無事に任務完了!敵の飛行機に単身乗り込むお茶子ちゃんの肝っ玉の大きさに感服です。

第105話「地獄の轟くん家」

No1ヒーロー・エンデヴァーの元でインターン活動に励むデク達。その実力差に日々圧倒されながらも、経験を積んでいく。ある日のパトロール後、エンデヴァー連れられ三人が向かった先はまさかの轟家…⁉轟の姉の冬美、兄の夏雄と共に食卓を囲むも、張り詰めた空気に戸惑うデクと爆轟。無事に食事会を終えることはできるのか―。

感想と考察

轟家での食事はまさに一触即発!エンデヴァーは不器用なりにも家族との会話に加わろうとしますが、その発言が裏目に出てしまい夏雄は退席。自分の理想のためとはいえ、過去の家族に対する冷酷な態度をとった父に対し、その改心をまだ受け入れることができない子供たち。「許せるようになるために、必要な時間だ」と、デクは焦凍の気持ちに寄り添うように声をかけます。家族のありのままの姿を目にしたデクがかけたこの言葉にハッとする焦凍。それぞれが抱えた思いがいつか、一つのところに集まるを祈るばかりです。爆豪は直接意見をする場面はありませんでしたが、食事を終えた帰り道に四川麻婆のレシピを教えろ!と遠回しに冬美の食事がおいしかったと伝えていましたね!彼なりの思いやりだったのでしょうか?

第106話「許されざる者」

轟家からの帰路の途中、デク達はエンディングと名乗るヴィランに遭遇する。夏雄を人質に取られ、動きを止めるエンデヴァーだが、デク、爆豪、轟の3人の連携より無事救助成功する。

感想と考察

家を飛び出した夏雄が、ヴィランの人質になってしまいました。エンディングは以前エンデヴァー捕まった因縁があるようで、彼に殺されることを望むクレイジーなヴィランです。かっちゃんが夏雄を救助し、エンデヴァーは二人に駆け寄り抱きしめます。その安堵した表情に、見ていて少し涙腺が緩みました…。自分が助けてしまうことで、これから先、何も意見することができなくなってしまうのではないか…。そんなことを考え救助が遅れたというエンデヴァー。父を許すことができない夏雄に対し、許さなくてもいい、償いたいのだと告げます。家族のことを常に想い、どうしていくべきか考える姿は、過去の冷酷だった彼とはかけ離れていて、夏雄は戸惑いを隠せません。許すというのは簡単なことではないですが、夏雄が再び前を向くことができますように…!

第107話「誰よりもおまえはヒーローに」

新学期を迎えた1-A。インターンを終え、得た成果や課題を共有する「実践報告会」が行われる。担任の相澤は緊急の連絡が入り、プレゼントマイクと共にヴィランの収容施設≪タルタロス≫へと向かっていた。そこで二人はある人物と再会し、衝撃の事実を知らされる。

感想と考察

ヴィラン連合の中枢・黒霧が相澤先生とプレゼントマイクの旧友、白雲である―。信じがたい話に疑いを隠せない二人。しかし死柄木を気に掛ける黒霧の言葉に白雲の面影を感じ、疑いが確信に変わります。死んでしまった友がヴィランの手で改造されてしまったというなかなかヘビーな状況…。自我を取り戻したところでその命が還ることはありませんが、相澤先生の想いが溢れ、それに応えるように白雲の顔が霧の中に浮かび上がります。人体改造はオール・フォー・ワンの非道な行いの一端にすぎませんが、つくづく気分を害する男ですね()もう逆に彼にどんな過去があってこんなことをしでかしたのかが気になります()

第108話「僕のヴィランアカデミア」

2カ月前、死柄木たちの前にオール・フォー・ワンの忠実なるしもべ、巨人・ギガントマキアが現れる。死柄木がオール・フォー・ワンの後継にふさわしいかを見極めるべく、圧倒的なパワーで襲い掛かるその男に歯が立たない一行は突如別空間へ転送される。脳無を研究するドクターから、今後の協力の条件としてギガントマキアを服従することを指示され―。

感想と考察

OPのタイトルが「僕のヴィランアカデミア」に!文字の下部分が崩れているのは死柄木の個性のイメージでしょうか?邪悪さがかっこいいデザインでした。今回はオール・フォー・ワン(以下AFO)の正当な後継者になるべく、死柄木が奮闘しました。その個性は強力ですが、ヒーロー達のように個性を伸ばす訓練などはしていないようだったので、武者修行のようにマキアと戦う姿が新鮮でした!更には戦闘の途中に異能解放軍のリ・デストロから連絡が入り、1時間後に泥花市で戦闘を開始することを告げられます。泥花市壊滅の原因はあなたたちのせいだったのか…。市民はとばっちりもいいところです()

第109話「再臨祭」

リ・デストロからの宣戦布告を受け、泥花市へ赴く死柄木達。そこは異能解放軍「解放戦士」の解放区となっており、到着するやいなや、多くの敵に囲まれてしまう。足元の地雷が爆発し集団からはぐれたトガ。彼女の生い立ちに熱烈な興味を示す解放軍幹部・キュリオスの手によって死の淵まで追い詰められたその時、彼女の個性に変化が現れる。

感想と考察

今回のOPタイトルも前回同様、「ヴィラン」仕様でしたね!しばらくはヴィラン側のストーリが進行するのでしょうか?開始早々多くの解放軍に囲まれピンチかヴィラン連合!トガちゃんがはぐれ、一方的に地雷攻撃でぼこぼこに…()吸った血が体内で爆発したり、女の子に対する仕打ちとしてはあまりに痛々しく見ていられません…。死への恐怖により、血を吸った相手の姿だけでなく個性までコピーできるようになり、敵全員を浮かせてそのまま地面に落とすというこれまたグロテスクな方法で逆転勝利を収めます。

死柄木も個性の崩壊の範囲が広まっていましたし、この話以降、他のメンバーも個性の成長が見られる流れになりそうですね。

第110話「サッドマンズパレード」

致命傷を負ったトガの元に駆け付けたトゥワイス。解放軍・スケプティックの個性によって取り押さえられ、自分の偽物がトガに手をかける窮地を目に動くことができない。大切な仲間を守りたい彼に起こった変化とは―。

感想と考察

今回はトゥワイスの過去回。両親は犯罪に巻き込まれ天涯孤独。仕事も交通事故を起こしクビになり、その不運な境遇に同情してしまいます。個性の成長の理由も、トガちゃんを守りたいという前向きな理由でトゥワイスらしいですね。そのまま死柄木を連れ、義爛のいる建物に向かいます。次週はいよいよリ・デストロと死柄木の直接対決!リ・デストロの個性は気になりますね。

第111話「志村転狐:オリジン」

ストレスをため込み、巨大化したリ・デストロによって、両手を塞がれた死柄木。窮地に立たされた死柄木は、今まで思い出すことのなかった過去を思い出していく。両親や姉、家族に囲まれた自分。ヒーローに憧れ、それを否定される日々。そして訪れた、個性発現の日-。

感想と考察

死柄木の過去がこれほど壮絶なものだったとは…。死柄木は偽名で、本名は志村転狐というのですね。幼い彼は、ヒーローに憧れ自身もそうなりたいと願う、純粋な少年でした。個性の発現はなく、父からはその憧れを否定され厳しく育てられていたようです。その境遇はデクと似通ったところがありますが…。強いストレスにより、歪んだ個性が発現、家族を自らの手にかけてしまった転狐はとても悲しい存在です。ヒーローに憧れ家族を失い、あろうことかワン・フォー・オールに出会ってしまうなんて…。今回遂にヴィラン連合トップの死柄木が覚醒しました。展開が早く、解放軍との対決も早々に決着がついてしまいそうな勢いです…!

第112話「死柄木弔:オリジン」

随時更新。

感想と考察
随時更新

第113話「空、高く群青」

随時更新。

感想と考察
随時更新。
U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことでヒロアカ5期を視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/
スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア5期の声優情報

緑谷出久/CV.山下大輝

ワン・フォー・オールの9代目継承者で、本作の主人公。緑色の縮れ毛とそばかすが特徴で、ヒーローになることを夢見る少年。元々は“無個性”だったがヒーローのオールマイトに強い憧れを抱き、オールマイトから認められ『ワン・フォー・オール』を譲渡された。

爆豪勝己/CV.岡本信彦

雄英高校1年A組の男子生徒で、緑谷出久の幼馴染。自尊心が強く攻撃的な性格で、『必ず勝つこと』『1番になること』にこだわりを持っている。てのひらの汗腺からニトロのような汗を出し爆発させる『爆破』という強力な“個性”の持ち主。

麗日お茶子/CV.佐倉綾音

雄英高校1年A組の女子生徒で、本作のヒロイン。明るく裏表のない性格で、西日本方言が混じった言葉で話す。両手の指先に肉球がついており、全ての肉球で触れた物を一時的に無重力状態にできる『無重力(ゼログラビティ)』という“個性”を持つ。

飯田天哉/CV.石川界人

雄英高校1年A組の男子生徒で、真面目な性格。代々有名なヒーロー一家の次男で、エリート。ふくらはぎにエンジンのような器官が備わっており、驚異的なスピードで走ることが可能な『エンジン』という“個性”を持つ。

轟焦凍/CV.梶裕貴

雄英高校1年A組の男子生徒で、現No.1プロヒーロー・エンデヴァーの息子。推薦入学者でトップクラスの実力者。右半身で凍らせ、左半身で燃やす『半冷半燃』という“個性”を持つ。

オールマイト/CV.三宅健太

代々受け継がれてきた“個性”『ワン・フォー・オール』の8代目継承者で、『平和の象徴』と称されるヒーロー。オール・フォー・ワンとの戦いで力を使い果たした。8代目継承者としての役目を完全に終え現在はヒーローを引退しているが、雄英教師として9代目継承者の緑谷出久を指導している。

僕のヒーローアカデミア5期の作品情報

作品概要

原作は2014年から週刊少年ジャンプで連載されている大人気漫画で、原作者は堀越耕平です。過去に何度もアニメ化され、第1期は2016年4月から、第2期は2017年3月から、第3期は2018年4月から、第4期は2019年10月から放送されました。

コミックスの国内累計発行部数は2021年4月時点で3700万部を突破し、全世界累計発行部数は5000万部を突破しています。

予告動画

ヒロアカシリーズ

スポンサーリンク