原初の黒ノワールの正体とは?転すら2期第46話「魔王達の宴~ワルプルギス~」

転生したらスライムだった件アニメ2期第46話「魔王達の宴~ワルプルギス~」で、ギイ・クリムゾンが放った言葉があります。

「原初の黒・ノワール」

この記事では原初の黒、ノワールについてまとめました。

スポンサーリンク

ギイとレベッタの会話

転すら2期の第46話「魔王達の宴~ワルプルギス~」ではリムル、ランガ、シオン対クレイマン、ミリム、ナインヘッド、ビオーラというメンツで戦っています。

リムルはミリムと戦っていますが劣勢であり、3対4と数でも劣ります。

そこで、ラミレスが従者であるベレッタを参戦させようとしますがギイが却下。

ここでギイがベレッタに問います。

「お前の主は誰なのだ?」と。

ベレッタはラミレスに従うことを決めていますが、召喚しゴーレムに魂を移したリムルも主としていると。

ただ今回限りでラミレスに絶対の忠誠を誓うと言います。

ベレッタはラミレスとの研究の日々やラミレス自体が好きとギイに話しました。

それに、リムルの傍には自分よりも強いデーモンがすでにいると。

お前は何色だ?

通常、悪魔とはより強い主につき認めてもらうことを目的としているようですが、ベレッタの思想は違います。

自由に好きなように主を選んで生きているようですね。

そんな自由な意思とベレッタよりも強い悪魔がいるという点に疑問を持ったギイは問います。

「お前は何色だ?」と。

 

ベレッタは答えます。

「自分と同系色は少ない」

「あのひとは直系眷属を滅多に作らない」

 

このことからギイは確信します。

スポンサーリンク

原初の黒・ノワール

ギイは笑いながら「原初の黒・ノワール」と言いました。

原初には七色の悪魔が存在し、ギイクリムゾンが赤になります。

そして、黒でノワールはリムルによってディアブロと名付けられました。

ギイと並ぶディアブロですので、リムルよりも強い存在であると仮定できるのですが、リムルが魔王に覚醒する前から主として認めています。

名前をつけてもらったディアブロの強さは計り知れませんね。

スポンサーリンク

原初の黒・ノワールのまとめ

原初の黒ノワールの正体はディアブロでした。

まだ、アニメでもコミックでも他の原初の悪魔は紹介されていませんが、コミックでは扉絵に何回か登場していたような、、、

これからどんどんと情報が公開されていくと思いますので楽しみですね!

スポンサーリンク